今回も企業リサーチに「BIZ HINT」というweb記事を読ませていただいたところそこに紹介されていた株式会社センショ―さん!

負債12億円を抱えたメッキ工場が売上3倍に!? 秘訣は女性もイキイキ働ける組織づくり | BizHint(ビズヒント)- クラウド活用と生産性向上の専門サイト

とても気になるこの会社についてリサーチしていきましょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

事業承継、覚悟と運

現在、センショーの社長でもある堀内麻祐子社長がものづくり企業を設立したのが2011年4月1日。

センショ―の前身である堀内社長の祖父が祖業した会社へ2008年堀内社長のお父様(当時専務)が病気になり会社を手伝って欲しいということから入社されました。その後、お父様のご不幸もありました。お父様が亡くなるまでと決めてらっしゃたのですがその後、銀行から呼ばれ今後の説明をして欲しいと。

そこから急転直下、堀内社長が会社を引き継ぐことになったようです(;゚Д゚)

前身企業の財務状況は売上2億、借入金12億・・・年商の6倍はありえないですね・・・・

堀内社長、悩んだ末に会計士や弁護士とも相談して新しい会社(これが現センショ―)を作り、前身企業から建物や機械等の賃貸をして借入金を返済するというスキームで銀行も再建に大いに力を貸したとのこと。

別のweb記事の取材で、堀内社長が銀行へ説明しにいくときに経営計画はなく、課題を100個以上列挙しいつまでに解決するかといった「課題解決」の話しをしたら銀行は堀内氏の覚悟を見て取ったのだ、と。

覚悟が決まれば、次の道は見えてくる。

その後のセンショーは銀行の債務免除等もあり2年で借入金の返済を終え新しい投資が可能になったとのこと\(◎o◎)/!

女性が活躍する企業はブランドになる

2013年ごろにセンショ―の10周年を見据え「2021年の方針」を作成されます。

1.町工場からの脱却

2.2021年売上10億を目指す

3.ダイバーシティ経営

大卒のインターンシップを利用し女性採用を積極的に行われます。

最初は現場からの反対もあったようですが、女性や若い社員が入るとホームページをつくったり工場がきれいになったりと会社の雰囲気が変わり大きな影響があったようです。

イメージのよくなった会社には継続的に若い人の応募が多いとのこと。素晴らしいです(#^^#)

中小企業では人の流動化が起こりにくい、マンネリしやすい、ということで新しい社員さん、特に女性が働きやすい環境を整えると男性職場のような工場も見違えりますね~(*´ω`*)

あとがき

堀内社長が「覚悟」を決めて、社員さんのために会社を承継するという行動をとる。

行動するときに上記の100個の課題解決をすれば必ず経営の精度はよくなってくる。

会社が少しずついい方向へ変われば必ず人や情報、お金も集まる。運も一緒に集まってくる。

やっぱり経営者がどれだけ本気か、真剣かで会社は変わるんだということを如実にわかる企業事例でした。