経営に必要なもの

経営に必要なもの、それは「ヒト・モノ・カネ」

そして現在は「情報」も入っています。

IT技術の進歩で、人と人、企業と企業の情報が一瞬にして結びつく時代です。

経営資源のなかで特に「情報」は企業活動を左右する生命線です。

企業活動をするうえでの情報の取得、自社が置かれている状況・・・

経営には様々な不安要素が取り巻きます。それでも日々の経営活動を通して企業存続の手を緩めることはできないのです。

営利を追求するというものは、並大抵のことでは出来ないと思います。

収集した経営情報

経営者の方々が集められた情報。

それは定性情報であったり、定量情報であったりと。

※定性情報・・・・性質 定量情報・・・・数値

様々な情報が、飛び交っています。またインターネットが普及し、今やだれもがスマフォから情報を得る時代。膨大な量の情報をさばく必要があります。「経営情報」の取捨選択がとても大切です。

集めた情報をどのように経営に生かすか、経営資源として使えるか、はたまたリスクになりうるか。

集めた情報も使えなければただのごみ。情報は鮮度が命です。

経営情報の整理整頓

集めた経営情報をいかに経営に有効活用するか。

一つの方法として、集めた情報をもとに自社のおかれている状況をSWOT分析をかけるのも面白いかもしれません。そんな経営情報の整理に、下記「ビジネスコーチング」をぜひ活用下さい。

ビジネスコーチングの体験者募集

合同会社フリーワークスでは、3月、4月のイベントとしまして、ビジネスマン又は経営者を対象としたビジネスコーチングを毎月3名様1時間無料で行っています。ご興味のある方はぜひ、お問い合わせのフォーマットでメールをお送り下さい。