自由に働く。楽しく働く。価値とモチベーションに変化を起こすコンサルティング会社です。
ブログ

Management and Thinking Labo

それぞれの立場の働き方!

日本企業で働く人のモチベーションの低下や職場感情のネガティブさ。 生産性をあげようと躍起になる企業も政府も、働く人たちとの温度差は違うんでしょうね。 現場で起こっていることと、従業員と経営者や管理者がなぜ差があるのか、本 …

現在の働き方意識術

人は本質的に自由になりたい。 自由にはなりたいが生きていくためにやらなくてはならないことがある。 それは「働くこと」。 時間の価値に気付く 「働くこと」すなわち労働とは、時間を支配されること。 経営学では経営を「他者を一 …

1on1とルフィの共通点?

あらゆる組織で上司・部下の関係に悩んでいる企業は多いはず。 上司としては部下の成長を望み、部下としては上司に相談させて欲しいと(;゚Д゚) 円滑なコミュニケーションは組織にとっても風通しはよくなるのだが・・・ 1on1の …

「あるべき姿」の設定を考える

企業戦略の考え方でよく使われるギャップ分析。 企業の「あるべき姿」を想像し、現状の企業との差をギャップとして認識する方法です。 「あるべき姿」と「現状」のギャップがなぜ起こるのか問題点を発見します。 そして、その問題点を …

心理的要因が将来のコストを生む

最近よく言われる会社や組織で働く人たちの「心理的安全性」。 「心理的安全性」が高い組織は、パフォーマンスや成績がとてもいいと言われています。 経営者や管理者は働く人たちの感情や感覚を理解しないといけません。 本当のコスト …

人材マネジメント戦略

テイラーの科学的管理法からマネジメントという概念が生まれ、メイヨ―・レスリスバーガーの人間関係論の発展は人的資源管理論へと展開されていきました。 企業にとってヒトという資源をどのように有効活用するのか。 マネジメントは高 …

メイヨー・レスリスバーガーの人間関係論から人的資源管理論への発展へ

テイラーの科学的管理法をさらに発展させ実務に投入したのがヘンリー・フォードだ。 組み立てラインにのった自動車が大量生産・大量消費される時代に突入した。細分化された単純な仕事は高給でも労働者の働く意欲を低下させ大量離職とい …

テイラーの科学的管理法はマネジメントだ!

工場での生産性や管理手法に大いに発展したフレデリック・テイラーの「科学的管理法」。 企業経営に新しいマネジメントの概念としての側面も持つ科学的管理法。 科学的管理法が現代の企業経営にどのような影響を与えたのか考えてみまし …

期待や見返りを求める人々

人に対して期待をする、自分が思っているように人のことを理想化してしまう。 人に対して時間をかけること(話したり、教えたり、相談したり、お金や時間を使うこと)で、愛着がわくことも何らかの見返りを求めることあるでしょう。 期 …

キャリアは偶然から始まる?

人の働き方については弊社の理念にもあがっています。 人生それぞれ、働き方もそれぞれ\(◎o◎)/! まさに千差万別。星の数だけある職業からどんな仕事につくのか。 人が生きている長い人生で仕事の時間は大半を占めます。 モチ …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © Free works LLC All Rights Reserved.