フリーワークスの岩﨑です。

最近はどこの業界も人手不足、人の採用・雇用が難しいと言われています。

人材登用のための費用も増加、少子高齢化により働く人の数も減少しています。

人がいない!採用できない!すぐ辞める!という経営者の方も多いと思います。

私は税理士としても仕事をしていますが、中小企業の経営者様と接するときに「人がな~」という問題をよく耳にします。

人の採用、定着、活用ということは今まで意識したことはありませんでした。

財務、資金や税金、事業内容のほうが大事大事と思ってました。しかし、人がいないとビジネスは出来ないということに気付きました。

そこで、先日㈱スコラコンサルト様の「オフサイトミーティングセミナー」を受講してきました。

オフサイトミーティングとは?(㈱スコラコンサルトHPより抜粋)

ふだん職場ではなかなか口に出せない個人の思いや違和感などを率直に話し合い、聴き合うのがオフサイトミーティング。一見単純な「気楽にまじめな話をする」場の中で、個々の「聴く力」、本質を「考える力」、他者と「つながる力」が無理なく高まり、複雑に絡み合った組織の問題や課題にも取り組みやすくなります。

※オフサイトミーティングの内容は、実際のセミナーのほうで体験して頂いたとがほうがいい思います。

オフサイトミーティングが終わってから、私自身もこれはいいなと感じました。人のことを受け入れる。信頼関係が生まれる。とても当たり前のことが組織内では、出来ていないと思いました。以前の職場でも、こういった意識で働くことが出来ていればもっと楽しかったかなぁと思いました。

人=従業員の方が活躍してこそ、会社=組織は価値を増し、素晴らしい結果を伴います。それは、働きがいと働きやすさを提供する経営者の役割がとても大事です。会社には、「ヒト・モノ・カネ」が大事と言われます。中小企業は大企業と違って「モノ・カネ」はありません。が、「ヒト」があります。今、いる「ヒト」を大事にして、活躍してもらうこそが中小企業の飛躍につながると思います。

中小企業の経営では、従業員の大切さに気付き、従業員のモチベーションをあげ、経営に参画してもらい、そのために経営者は何を提供するか、どのような教育やキャリア形成を考えるか、しっかりと考えて行動することがとても重要です。どうしても一人では出来ないなと思ったらときこそ信頼できるコンサル会社、コンサルタント・士業といっしょに考えて行動する。経験がなくとも自社にあったやり方を考えながら導入すれば、人のことで悩むことは大幅に減ります。人を信じる、そんな当たり前のことに行きつくんでしょうか。