ビジネスには、大きな市場と小さな市場があります。ブルーオーシャンやレッドオーシャンのような表現でもあるように市場にはある程度の規模感の会社がそれぞれビジネスを仕掛けてきます。

今回は少しニッチな面白い気が付けばこんあ市場があったのかというビジネスモデルを追いたいと思います!

今回の儲かるビジネスモデルのヒントは、TBS「がっちりマンデー」から見て行きましょう!

今回は、だ2020年4月5日放送の「スキマで儲かる!「〇〇以上〇〇未満」からです。

スキマ産業

「〇〇以上〇〇未満」、いいフレーズですね(#^^#)

これだけでビジネスモデルの抽象的な表現をカバーできています。

個人店以上チェーン店未満

株式会社INGSが行うビジネスモデルは、個人店のラーメン店!しかしちがうのが、なんとそれはチェーン店でもあるんです。

というのは、お店の名前は個人店っぽ名前にし、ラーメンの食材や味はチェーン店のように統一するという「個人の店っぽさを出し、チェーン店のように味を統一するという」ビジネスモデルを展開されています(#^^#)

個人の店っぽさが、ラーメン好きな方にもうけがいいΣ(・ω・ノ)ノ!

そして、麺・スープ・タレは工場(たぶんセントラルキッチンかな?)で製造し、各お店で仕入れる制度という。

店側では、仕込み時間が大幅に短縮され経費として20万円ぐらい減少する。

INGS側では、麺・スープ・タレを仕入れてもらい、さらに毎月のプロデュース料として10万円もらうとのこと。

INGSのラーメン事業都内に13店の展開で他にも売上を入れて20億円で「がっちり!」だと。

団地以上マンション未満

無印良品とUR都市機構が行うビジネスモデルは、UR都市機構がもつ昔に立てらた「団地」に人を呼び込もうと無印良品が団地の一室を「おしゃれ」にリノベーションをするビジネスです。

リノベーションの内容は、団地よりも快適にマンションよりも手ごろな価格で提供するということで「若い人」がターゲットです。

また団地自体には、エレベーターがあまりないのが多く高齢者ではやはり不向き、若い人がターゲットですって。

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトHP参照→https://www.muji.net/ie/mujiur/

無印は、シンプルでおしゃれ。人気ですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

リノベーションの内容もとてもシンプルにし、費用もかなり安く仕上がっています。また生活にあわせて雑貨や部屋に必要な家具ま無印の商品を提案してもらうこともでき、これまた長いお付き合いができるということで生涯顧客価値が高まります(#^^#)

ちりとり以上掃除機未満

大手と戦わない電気ちりとりを開発した株式会社シー・シー・ピー(バンダイの100%子会社)

最近ではフローリングのおうちが多いと思います。フリーリングでフロワワイパーで掃除したゴミを吸い取るという機械。

開発に5年かかったそうですが、1台5980円で2年間で42,000台を売り上げたヒット商品とのことΣ(・ω・ノ)ノ!

さらに紙パックでゴミを集めるので消耗品ビジネスにもつながりますね・・・・

うん、本当にニッチなビジネスです。素晴らしい\(◎o◎)/!

思考ポイント

〇〇以上〇〇未満という表現で「〇〇×〇〇」ということにも置き換えることが可能ですね。

個人店×チェーン店

無印×UR

ちりとり×掃除機

既存ビジネスがあり、その既存ビジネスに新たな業態を掛け合わすことが創造できてば新しいニッチなマーケットが生まれますね\(◎o◎)/!

通常は、チェーン店のラーメン店。個人の色を出したらどうなるか???

通常は、URの団地。おしゃれに改装してくれるパートナーは???

通常は、フロアワイパーはちりとりでゴミをすてる。ここに掃除機みたいな機能があれば???

既存ビジネスのマーケットをずらしてみるですね(#^^#)

あとがき

今回も楽しいビジネスモデルが発見できました。

商品・サービス説明に動画がかかせなくなってきたように思います。

既存ビジネスの枠の外から一歩引いて見ることが新たなアイデアの源泉ですね\(◎o◎)/!

「いい」ビジネスモデル経営研究会趣旨

弊社が主催している「いい」ビジネスモデル経営研究会では、日本中にある「いいビジネスモデル」の経営研究を通じてブログで発信していきたいと思います!

小さな会社でも勝てるビジネスモデル、日本中にある会社で「いい」ビジネスモデルを研究し世の中に必要とされる会社の紹介を致します。

弊社では

経営研究を通じて企業経営にとって重要なビジネスモデルである儲ける仕組み、マネタイズの立案支援や研究をサポートします(#^^#)