つい先日NTTがdocomoを子会社化するということでニュースになってました。

東証のアローヘッドが沈黙したこともビビりましたが・・・

数十年前ならdocomoを子会社化するかだけでベラボーにバッシングは受けるんでしょうね( ;´Д`)

上場会社のTOBでプレミアつけて当たるとこれほどうれしいことはありません。今回のdocomoは、不正引き落としの影響で株価下落で利回りいいから狙い目かもしれませんが、さらに大きな企業(NTT)が狙っとった・・・( ;´Д`)

日経新聞でも「ワンNTT」って書いてましたが、やはり古き良き時代の威光に戻るんでしょうか・・・

NTTって国の法律で政府が決まった株式を保有しないといけないということでdocomoの株式取得は借入するとのこと。数兆円規模の借金の増加に果たして投資した甲斐があったのか???と言われるんでしょうね・・・ソフトバンクの孫さんなんかちゃっちゃと株式売ってますもんね。

ビジネスの思い込みとか歴史があると強いとやはり手放さずにはいられないか。ビジネスの思い込みがないからこそさっさと新しいことができるのか。

お互い携帯電話事業での菅首相の携帯電話の料金はもっと安く!という圧力がかかるとドル箱ビジネスが「ああああ」ってなっていく。そんなところに楽天参戦!!!4Gから5Gの時代と目まぐるしく変わる中での、○○経済圏の樹立!(とくに○○は楽天とか)

スマフォ一つですべてのことが終わる現在の「楽さは」たまらんですし\(゜ロ\)(/ロ゜)/

オマハの賢人、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイが日本の5大商社の株式を均等に5%ずつ取得というニュースもでたし面白いですね。あまり知らていないかもしれませんが、日本にある㈱タンガロイもバークシャー・ハザウェイのグループ会社ですね\(◎o◎)/!

直近の株式市場で気になったものを取り上げてみました(#^.^#)

資本主義の発展は株式会社という制度により発展をとげたとは誰しもが知っています。個人も法人もそれぞれの思惑でマーケット(市場)で、株式の売買がなされます。経済的に儲かればいいじゃんとという時代も少しずつ変わってきています。ESG投資など社会的課題に対しての投資も増加しています。

自然環境や地球のことについてEUが出す規制って結構大きく株式会社が思い切って変化しないとEU経済圏ではビジネスできなくなるので政治の力はえげつない・・・\(◎o◎)/!

あとがき

株式の売買の意思決定。市場には様々な思惑が入り乱れ心理戦ともいうべきか、奥深さを改めて感じます。

リアルタイムでわかる株式市場、ビジネスは生きている・・・!!