先日、MASのニュース欄に少し気になる企業の特集が上がっていました(*’▽’)

「BIZ HINT」というweb記事に飛んでそこに紹介されていた企業が京都にある万松青果株式会社さん!

前半:完全年功序列、日本一綺麗を謳う青果仲卸に求職者が殺到。伝えるのは「やらないこと」 | BizHint(ビズヒント)- クラウド活用と生産性向上の専門サイト

後半:従業員どうしが会話する仕掛け。青果市場のあり得ないオフィス「3つの約束」 | BizHint(ビズヒント)- クラウド活用と生産性向上の専門サイト

とても気になるこの会社についてリサーチしていきましょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

会社のHP上に理念を「しっかり」と語る

万松青果株式会社は京都中央卸売市場内にある青果の仲卸業です(*’▽’)

万松青果さんのHP、いやすごい。万松青果株式会社

経営理念がしっかり語られています。

 

(参照:万松青果株式会社HPより)

万松青果株式会社は、「日本一綺麗な仲卸」「年功序列」「家族主義」「正社員主義」「不当なリベートには一切応じない」等の経営理念をホームページで発信されています。

HP上でしっかりと会社のことを語られています。

いろんなHPで経営理念や事業内容は見たことはあります、が、「年功序列」「家族主義」「正社員主義」を前提で記載されているのは初めて見ました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いい会社になるための企業改革

近畿経済産業局の「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選出されています。→万松青果の紹介

上記の近畿経済産業局の紹介映像でいろいろわかります。

先代が成果主義を導入し、社内は常に競争で暗いムードだった・・・専務取締役の中路さんが改革を進めたのですが・・・

一方的に押し付けているだけ、そして経営者と従業員の立場のちがいに気づかれるのでした”(-“”-)”

そしてターニングポイントを迎えます。

・従業員はお客様に喜んでもうらうことだけを考える

・経営者は従業員のことだけを考える

・成果主義の廃止、経験の浅い社員は経験がある社員がサポートするという年功序列の秩序が生まれる

・様々なタイプの人材を採用(多様性) 社員同士の交流が盛んになる

というとても良い循環が生まれました。

その結果、求人募集2か月で40名の応募があり、応募された奥様からも「うちの主人を働かせてください!」と・・・

HPでしっかりと「うちの会社はこうですよ!」というアピールが伝わったんですね。本当に素晴らしいですね(*^^*)

会社の情報発信が改めて重要だと認識した会社様でした。

あとがき

いろんな会社が「いい会社」になるための努力をされています。

やっぱり経営者がどれだけ本気か、真剣かで会社は変わるんだということを如実にわかる企業事例でした。