仕事はいっぱいあるけれど・・・

タスクもいっぱいあるけれど・・・

なんかなーと思いつつ気付けばYouTubeやらゲームやらマンガやら見ていませんか?

脳が、心が疲れているんですよ。現代人は、やるべきタスクが多過ぎる・・・\(◎o◎)/!

やる気がでない・・・

経験した人も多いと思います\(◎o◎)/!

やるべきことが多くて想像してください。パソコンの画面に、エクセル、ワード、メール、PDFにパワーポイント、デスクトップ上は悲惨な状況ww

これがマルチタスクとして意識したものが脳内に展開される・・・それも毎日、毎日、毎日・・・( ;´Д`)いやじゃ、いやじゃ・・・

楽しいことや好きなことはストレスなくできるけど、やるべきことが多ければ・・・( ;´Д`)いやじゃ、いやじゃ・・・

解決方法1)エッセンシャル思考を手にいよう!

「2014/11/19 エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする   (著)グレッグ マキューン」

クリックしたらAmazonへGo!

エッセンシャル思考の考え方は「99%の無駄を捨て1%に集中する。」
解決方法2)先延ばしするな!

「2018/10/4 先延ばしする人は早死にする! 「あとで」を「すぐやる」に変える心理学 (著)メンタリストDaiGo」

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

「やらない」の割合が大きいので、やるべきことが絞られ、そこに集中できるのです。(本書よりP165)
解決方法3)一つのことに集中する!

2014/1/21 THE ONE THING ~一点集中がもたらす驚きの効果~(著)ゲアリー・ケラー」

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

「マルチタスクは効率的」というのは嘘である。(本書よりP48)
解決方法4)最も重要なことに集中せよ

2006/11/10 経営者の条件 (著)P.F.ドラッカー」から経営のヒントを読み解きたいと思います(#^^#)

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

忙しさに身を任せるのでなはく成果をあげることに力を入れるには、継続的な努力が必要となる。そのためにはまとまった時間が必要となる。真に生産的な半日あるいは二週間を手に入れるには、厳しい自己管理とノーといえるだけの不動の決意が必要である。(本書P138より)

解決方法1から4を見直すとやはり、マルチタスクはかなりダメだと分かりました・・・( ;´Д`)

忙しくなると勝手にマルチタスクモードに突入!

やはり忙しくなり手帳に予定が入ってくると何だかうれしくなる( ;´Д`)

タスクが大量に書き込まれ、様々なものに期限がまとわりついてくる。

そして気が付けば肉体と心は疲弊しやる気だけがなくなっていくという負のスパイラル。

やらなきゃ、やらなきゃと思考は勝手にどんどんいく。

まさにプチ・バーンアウトに突入する。

まず、静止しましょう(#^.^#)

そして自分ができる1日のタスクの目標を決めましょう。

1日3つが限度だ、それでいいのです。

1日5つが限度だ、それでいいのです。

1日7つが限度だ、それでいいのです。

まずは、毎日の達成感に落とし込みましょう。(脳をだまそうww)

そして次の日にもやる気が持続するようにしていきましょう。

自分で自分の時間をコントロールすることがとても重要ですね。

ここでもう一つ。マルチタスクが多いことに対して疑問をもたなければいけません。

エッセンシャル思考でもあったように重要なことに集中する。では、どんなことに集中すればいいのか?これが分からないとすべてのことに手を出すおそれがあります。そこで「逆算思考」、「バックキャスト」を用いましょう。未来を思考して、現在のやるべきことを考える。

本当に必要なものだけ選択して集中することが大事です。自分の未来って意外と自分で意識して創れるものかもしれませんね。

あとがき

私も1日3つのタスク処理でやっていこうと考えたら、かなり気は楽になりました(#^.^#)

日々のやる気の持続こそが継続となり大きな力となります。

ここに集中力が加わればさらに処理能力は向上するはずです\(゜ロ\)(/ロ゜)/