今までバリバリ全開で働きまくっていた社長のまわりの社員や幹部がやめていく・・・

ワンマンの社長に多い事例なのか?、と思いつつ。

社長が性根(しょうね)を変えればどうも変わる瞬間があるらしい・・・(;゚Д゚)

社長が変わる瞬間

社長も人間、よくわかる。

だが上に立つ人間は下の人間を自分の感情だけで振り回したらダメだ。

ワンマン社長にあるあるは自分の思い通り動かそうとすること。まわりの人間なんて見やしない。

一緒に働いてる人たちに配慮がない。自分の力を会社の成長に全力で通す、そうまさに王様だ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

働く環境が悪くなれば人は寄り付かない・・・いつの間にやら裸の王様になっているのでしょうね。

2021年10月28日放送のカンブリア宮殿の関家具の関社長も幹部や部下がやめてあることに気付いたと。

「配慮がたりなかったと・・・」関社長も当時はバリバリのワンマンで、ヤクザよりも怖かったと常務がおっしゃる(;゚Д゚)

しかし自分が頼りにしてた部下に愛想をつかされお客をもってやめられたときに「えーーー」ということらしい。

これがキーポイントとなり、関社長は社員の成長や失敗について怒ることをやめた。社員の失敗は経営者の責任であると・・・

そういった反省点をこめ経営者たるものの13箇条を定めた関社長

代表メッセージ – 株式会社 関家具 (sekikagu.co.jp)

 関家具経営の心得13か条

  1. 社員への言葉「楽しくなければ仕事じゃない、やりたい事を任す、失敗しても文句は言わぬ、責任は全て社長が取るから思いっ切りやってください」
  2. 棺桶に片足を突っ込み、後の片足を突っ込む寸前まで火の魂の様に生きる。
  3. お客様満足、社員満足、地域社会貢献の三方良しの精神を旨とする。
  4. 健全経営を心掛け、「創業以来53年間赤字なしの経営を連続」これを堅持する。
  5. 常に健康増進に努める。酒タバコやらず、毎日早朝腕立て伏せ、スクワット、腹筋運動、逆立ち歩行のトレーニングを継続し、二十歳の体型・スリーサイズを維持、血管、血圧、及び五臓六腑異常なし、骨密度同世代平均比133%を維持。
  6. 「怒らず、焦らず、諦めず」の精神を旨とする。
  7. 「クールに、ビジネスライクに、感情抜き」の精神でビジネス展開。
  8. ミッション、パッション、ビジョン。常に高い志を持って会社経営に邁進。
  9. 順境時に驕る事無く、逆境時に乱れ落ち込まず、泰然自若、「夷険一節」を旨とすべし。
  10. 経営者は一年365日ハードワーク。
  11. 社員の皆さんは社長の先生、社員からの情報及び意見及び提案は会社繁栄の源。
  12. 毎年国内及び欧米の主要都市の新しい業態&繁盛店を視察 研修し活かす。
  13. 会社を潰すな、油断をするな、危機意識、緊張感を常に持て。(㈱関家具HPより参照)

なんと、まぁ、すごい。関社長は「自分を変えました」ということ。社長が変わると会社が変化する。

関社長の強い意思が必要なんですね。

社長が変わるのは経験を通して反省し、変わることへの「強い意思」が必要だ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

社長が変わるトリガー

2021年2月18日放送のカンブリア宮殿のノジマの野島廣司(のじま ひろし)社長もワンマンすぎてお家騒動により権力をはく奪されました。

そのときは同族のお母様、弟、幹部の方々に追いやられた、しかしその理由も野島社長に権力が集中し過ぎてワンマン化したのが原因だと野島社長も反省されていた。

ワンマン経営者の思考を大きく変える。様々なことがきっかけで起こりうる。これが「社長が変わるトリガー」かもしれない。

そもそも社長が「変わる」とは何か?端的に人に対して興味をもち配慮や思いやりを持ち、行動にきちんと落とし込む社長が多いように思います。

いろんな会社の事例でもそこから社長中心、社長が大いに目立つ会社から、従業員のかたが活躍するといった方向に移ります。

関社長の、何でもやりな、責任は社長の俺がとるから!といった、社長が従業員のために働きやすい環境を作りやすくすると好循環が生まれるようです。

あとがき

社長が変わる瞬間は因果関係論から言えば、社長が気づかずに起こりつつある事象に気付かず条件が発動して初めて社長が気づくということから始まります。

何がいけなかったのか、どうすればよいのか。考える時間が必要です。気づきから得られたことを真摯に受けとめ自分の行動を律して変えていく。この思考し行動することでさらに社長の心理状況は広くそして深くなるように思います。社長も経営者として成長が必要なんですね。

社長が変わると会社の組織化はいっきに加速するんでしょうね(*´ω`*)