顧客の心をつかむこと。

企業経営にとって重要なことだ。

企業は、「何を誰にどうやって売るのか」という。

顧客は、「人は感情で買い、論理で正当化する」という。

企業が顧客の悩み事に歩み寄る

企業の商品やサービスをアピールするため、顧客に届けるためマーケティングという手法が使われる。

企業が顧客との接触を図る第一歩だ。顧客が求めていることは、顧客の悩み事を解決してくれるものと言われる昨今。

「大量生産大量消費よる内需拡大は少子高齢化によりマーケットは細った」という事実に基づくざっくりと「物が売れない時代」が現在の象徴です。

しかし人間には必ず必要な「衣食住」の消費は発生します。

藤田田さんのユダヤ人の教えには「女と口(食べ物)」は商売になるという点でも普遍的なものでしょう。

自社のビジネスの商品やサービスが顧客の悩み事にどのように解決できるのか、顧客にプレゼンする必要があります。

それも分かりやすく一瞬で伝わるように。(USP=ユニーク・セリング・プロポジション)

上記の「人は感情で買い、論理で正当化する」という言葉で分かる通り、顧客の脳に一瞬でぶっ刺すインパクトのあるキャッチコピーが必要です。

顧客の特質を理解する手法は学問により研究も進んでいます。心理学の応用も消費者に使われています。紙やTVといった媒体での広告宣伝です。

戦闘相当時にはプロパガンダによる国民の戦意高揚も広告宣伝が使われ集団心理に与える影響も例としてあります。

企業は自社の商品・サービスを顧客の悩み事を解決するための手段として売る

感情を動かし商品やサービスを買ってもらうことをうまく利用する企業もたくさんあります。

企業名を聞くとパッと出るサービス、商品は完全に顧客に情報が届いているということです。

ハーレーダビッドソン、ナイキ、スターバックス、、、あらゆる企業は顧客の悩み事に寄り添いながら自社の商品が最善の手段として売ります。

価値を伝える=悩みを解決する手段

顧客が買う理由を説明する必要が企業にはある、顧客が購入する理由を正当化する

数年前にあった「メルカリ」など誰がどんなサービスかも知っていなかったはずです(*´ω`*)

顧客の認知と企業が情報を出し続けることによる接点がブレークスルーを生み出します。

企業が顧客をリサーチし、ペルソナを設定して商品やサービスに価値あるストーリーをのせます。

顧客は悩み事があります。顧客は悩み事を解決するためスマフォやパソコンをあけ情報を集めます。Googleに検索キーワードを入れあらゆるサイトを見て自分の悩み事を解決する商品やサービスを探し出します。

苦労の末、他社も比較しながら顧客は企業のHPにたどり着きじっくりと見て「これで私の悩みは解決してくれる!」と感情が揺れます。

その次に金額。高い金額だともしも買っても何も効果がなかったらと顧客の心理は揺れます。

ここで、商品やサービスのストーリーがあればここに戻り納得しようと考えます。さらに他の顧客の意見があれば「共感」や「信頼感」といった第三者の客観的な意見を得ようとします。

あらゆることを顧客は心理的に想定し意思決定を行います。

購入前と購入後の後悔をなくすために顧客の心理を企業側の理解は重要だ。

そして顧客の選択が多ければ多いほど顧客は決定することをやめるのだ・・・( ノД`)シクシク…ℤ

あとがき

顧客から企業、企業から顧客、商品やサービスが流れる理由に心理的要因が存在します。

顧客の特性を理解し顧客に利用してもらう接点を多くの企業が努力をしています。

顧客有意性はまだまだ続きそうですね(*´ω`*)