自由に働く。楽しく働く。価値とモチベーションに変化を起こすコンサルティング会社です。
ブログ

人材・組織・営業

それぞれの立場の働き方!

日本企業で働く人のモチベーションの低下や職場感情のネガティブさ。 生産性をあげようと躍起になる企業も政府も、働く人たちとの温度差は違うんでしょうね。 現場で起こっていることと、従業員と経営者や管理者がなぜ差があるのか、本 …

「あるべき姿」の設定を考える

企業戦略の考え方でよく使われるギャップ分析。 企業の「あるべき姿」を想像し、現状の企業との差をギャップとして認識する方法です。 「あるべき姿」と「現状」のギャップがなぜ起こるのか問題点を発見します。 そして、その問題点を …

人材マネジメント戦略

テイラーの科学的管理法からマネジメントという概念が生まれ、メイヨ―・レスリスバーガーの人間関係論の発展は人的資源管理論へと展開されていきました。 企業にとってヒトという資源をどのように有効活用するのか。 マネジメントは高 …

メイヨー・レスリスバーガーの人間関係論から人的資源管理論への発展へ

テイラーの科学的管理法をさらに発展させ実務に投入したのがヘンリー・フォードだ。 組み立てラインにのった自動車が大量生産・大量消費される時代に突入した。細分化された単純な仕事は高給でも労働者の働く意欲を低下させ大量離職とい …

テイラーの科学的管理法はマネジメントだ!

工場での生産性や管理手法に大いに発展したフレデリック・テイラーの「科学的管理法」。 企業経営に新しいマネジメントの概念としての側面も持つ科学的管理法。 科学的管理法が現代の企業経営にどのような影響を与えたのか考えてみまし …

経営力をあげる無形資産への気づき

企業経営にとって必要なお金・人・物。 どうしても目に見えるものや、貨幣で換算できるものばかりに目がいってしまいます。 しかし、企業の裏側には貨幣で評価できない資産がたくさんあります。 目で見えない個々の資産は貨幣で評価が …

経営者の「お金の使い方」次第で「幸せ」にも「不幸」にもなれる

会社の経営資源である「お金」を使うのは、だれであろう経営者だ。 お金の使い方次第で「幸せ」にも「不幸」にもなりえる、そんな経営者のお金の使い方を改めて考えてみたいと思います\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 幸せなお金の使い方 経 …

バーンアウトによる損失回避を防ごう!

働く人々が使命感を失ったときに、理想や情熱が高い人に訪れるバーンアウト・・・ イメージは明日のジョーの矢吹ジョーの名言「燃え尽きたぜ、真っ白にな・・・」(´;ω;`)ウゥゥ ハーバード・ビジネス・レビュー7月「バーンアウ …

コロナ禍での父親の意識の変化が社会を変える?

働く親にとって子供がいる場合には、父か母がどちらが育児に時間をかけるのか。 日本ではやはり母親のほうが育児へ大きな時間と労力と神経を使っているように思います。 働く父親は、家族の生活費を稼ぐことが最重要課題と感じているの …

ウェルビーイングを経営に・・・

近年、経営においてウェルビーイング(幸せ)が合言葉になっています。 会社で働く人たちが幸せかどうか、経営者の間ではとても気になるところですね。 日経新聞でも幸福経営についてありました 日経新聞の記事で4回にわたり記載され …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Free works LLC All Rights Reserved.